少林寺ジャーは他流派スパオフに行こう

BY ライデン IN , No comments

スパーオフ会ていうやつ。昨今すごく多くて、関東圏なら5グループ以上あると思う。

だいたいルールは似てます。上級者から初心者まで楽しめる。勝負じゃないんです、お互い知らない人、知らないスタイルの人とスパーしたいんです。




他流派とオフ会ができる時代

いい時代です。かつてイメージされたような、流派間の殺伐とした意地の張り合いなんてないと思います。

思えば2004年に2ちゃん武道板で他流派スパオフ開催したのが私にとって最初でした。ネットの武道談義は必ず荒れる。そんなときはオフで検証。そういう時期でいろんなオフ会が開催されていました。

ちなみに当時のオフはこういう流れでした。ます全員でフルコンルールを超軽く。ここでムキになる人がいないか運営側はチェック(まずいない)。その後キックルール、組技ありルールとかフルコンルールとか3-4つにグループ分け。参加者は3-40人はいたと思います。

ここ五年くらいでますます進んでたくさんのグループが開催しています。すごく参加しやすくなりました。だから興味があれば拳士の方がにも参加してほしい。


第三の修練場になる

私イメージでは、第三の練習場です。1は自分の所属の通常練習、2は試合、そして第3が他流派スパオフです。

試合は試合で大事です。やっぱ明確に勝敗を競うことは大事。強度も高いしライトスパーでは得られない経験値が貯まります。試合は他流派スパオフでも代用はできません。関東圏には防具空手系でオープン大会がたくさんあるのでおすすめです。

大体アマチュアの試合では35歳位からシニアクラスです。試合は試合でいいのですが怪我もあるし、トーナメントで負けようものなら一日一戦ということもあります。他流派スパオフは試合よりずっと安全だし、一日何回も繰り返せるのですごく経験値が貯まります。

また他流スパオフの特徴の一つに、色んなスタイルの人とスパーできるてのがあります。これがかなり楽しい。試合では収斂してここまで幅広くはなりません。自分のスタイルを通すのか、相手に合わせて変えるのか。勝ち負けじゃないからどんどん試せます。そういう中で流派のスタイル、自分のスタイルがよりはっきり見えてくるんです。これは身内とだけやってるうちは分からない。

安全面が高いので、今後武道団体の中にはこれまでの試合出場を目指すという目的の他に、「他流派スパを楽しむ」というものが壮年以上を中心に掲げるところが出るんじゃないかな。社会人にも参加しやすいけど、それなりに試せる場所がある。試合は敷居高いけどスパオフなら…という需要はあると思います。そういう風にメジャーな稽古の一つとしてもっと定着していくのではないか。アスリートクラスならいざしらず、アマチュアにはすごく貴重な場となっていく、私そう感じています。


道場の外で試す

よく武道では教義の面で、道場で習ったことを道場の外でも活かそうみたいなのがあります。まあ確かに道場では品行方正だけど一歩外に出れば粗野になるでは困りものです。同様に技術もしかりです。
自分の習っていること、やっていることに一般性があるのか。道場の中でのみ、同門に対してのみ有効な技術に陥っていないかを試す場としては、他流試合とか他流派スパオフは有効です。
横浜大六天道院ではこういうオフ会にも興味があれば気楽に参加できる程度には、スパーを日常的にやっていきたい思っています。別に技術的に圧倒とかしなくていいんです。気負いしない程度にスパーに慣れていてほしい、くらいです。
もちろん他流試合に挑戦するのもOKです。試合に特化した練習はなかなかできないですけど、できるだけ協力はします。


終わりに

もしかして、他流派と交流すると門下生の興味がそちらに移ってしまうんじゃ…引き抜かれちゃうんじゃ…そういう心配をする方もいるかもしれない。実際は大抵自分とこますます好きになる方が多いんじゃないかな。私も他流派スパオフをして少林寺拳法がますます楽しく好きになりましたし。

技術が流出するんじゃ…多分大丈夫です!!!そもそもそんな時代じゃないです!!! 以下略


何が言いたいかというと、拳士の方がにも参加してほしい。

大丈夫です、私もクソ雑魚だけど参加してます。もう少し上手くなってからというそこのあなた、逆です。上手くなるために参加するんです。怖い人はいません。どうしてもね、ネットで見ると上手い人がバチバチやってる風に見えますけど、そういうのばかりではないです。


こんな感じ。他にもあるかも。


探しても2004年の他流派スパオフの写真まったくないわ…多分当時はまだ写真取られるの嫌がったんだよな。センセにバレると面倒とかさ。いまはどんどんSNSに上がってるけど。

仕方なんいのでイメージ写真は少林寺拳法のオフ会。


「道着脱いでいい?」「なんで?」

BY ライデン IN No comments

 初夏でも暑い

思えば中学生の頃も初夏ともなれば暑かった。でもまだ夏服期間じゃないので学ラン。汗疹とアトピーの私にはやんわり辛かった。
なぜ実際暑いのに脱いではいけないのか、とも考えずそんなもんだと思っていたあの頃。
ほどよく昨今は夏服の移行期間に関して、いくつかの報道も目にしたところです。


今も稽古のとき暑い。地区センターは冷暖房があるけど、まだクーラーは使えない。いや受付に頼むと弱めだけど入れてくれる、でもガンガンは効かせられない。施設の決まりで時期的なものがあるみたい。入れてくれるだけでもありがたい。


この「夏服」や「空調の時期」という決まりごと、これが厄介だ。決まりは大事だけど、大事だけど、、、やっぱり暑い。

「なんで!?」

そんななか、子供たちが毎回聞く。
「道衣脱いでもいい?」(汗だく)
「・・・着とけよ!!」(汗だく)
「なんで!?」(汗だく)
「・・・・」(汗だく)

私もう諦めた。脱いでいいことにしようと。
フルコン空手諸派では道着脱ぐことも多いのは知ってる。新宿スポセン行ったら道着着てない人なんていくらでもいる。道着がなくてもできるのよ。実際暑いし、あと動きにくいのよ、道着。


道衣を着るべき合理的な理由がない。すべて合理性が優先されるべきと思っているわけではないのだけど、やはりこの子供の「なんで?」にまったく答えがない。無さすぎる。

色々な考えがあると思います。でも暑いのも嫌だけど、何より決まりだからといって現状無視で着続けるこの不条理が嫌だ。
夏服も空調もルールは大事だと思うが、熱中症で倒れてまでのものではないのではないか。子供たちほんま毎回汗だくなんよ…。

だが帯は絞めてもらおう。帯さえちゃんと結ぶ習慣があればすぐ戻れるし。帯は自分たちで掴み取ったもんだから付けたがるしな。

何が言いたいかというと、暑い!!


***************************

余談だけど私も禅門としての、「握りしめないこと」が頭に過りまくっているのです。
厳密な意味はあれだが、五箇条の御誓文、
「旧来の陋習を破り、天地あまつちの公道に基づくべし。」
明治の僧による、
「人伝の導師たる禅の師家がいたずら古い習慣にこだわってどうするのだ。世とともによろしく推移して、もって教化の実をあげん。」
このあたり。

***************************
【追記】
我田引水で恐縮だけど、合気系でも脱ぐんだなと。
https://twitter.com/keidokan/status/1527022633937539072