「風格のある演武」三崎敏夫

BY ライデン IN No comments

先日、「三崎先生のあの名文ちょうだい!!」と言われ。

また先日、道院修練中に演武の話関連で書こしでたこともあり、名文として名高い故三崎先生の文章をアップしておきます。某サイト用に15年くらい前にテキスト化したものです。昔テキスト化したものなので正誤あるかも。
昭和41年の文章です。「少林寺」「拳法」と称されているものは「少林寺拳法」のことです。 


「風格のある演武」三崎敏夫

新聞 『少林寺拳法』昭和41年1月10日  (20の1)

 (一)
 人の心程移り気なものはないあれを考えこれを考え常に散り易いものである。又今日程これが激しい時代はないであろう。
 これを修行することによって纏めるのが精神統一である。然らばどうしてこのうつり気な心を纏めるか。修行の方法には滝にうたれて思念するものや或は苦行するものその他楽行するものいろいろあるであろうが少林寺拳法程最高に適切なものは他にないであろう。それは心と肉体とが同時に修行できるからである。日本に於ける少林寺の名声は此の広く且つ深い精神内容と高度な技術これが今日の少林寺拳法を作り上げたのである。三祖僧粲大師も「動中の功は静中の功に百千倍する」と説かれている様に少林寺では此の精神統一を拳法という技によって錬磨する。幾千回幾万回錬りに錬り心の散らない一事集中の修行をするのである。これ程烈しいこれ程確かな人格修行はないと申してよかろう。
 我々は社会人である又すぐにも巣立って行かなければならない人達である。修行したことが即社会に亦日常の生活に役立つものでなければやっていることが大きな無駄である。社会が求めている人間になることが最も必要なことである。強くなることも大切なことの一つではあるが少林寺拳法に於てはこれは氷山の一角に過ぎない。社会人としての要素はこれだけであってはならない。
 正しい自己を確立することである。
 このことが理解された人の行う拳法は実に気品のあふれた拳法になる真に正しい立派な風格のある拳法を演錬したいものである。

(二)
 拳法は「礼に始まって礼に終る」と云われるが礼儀を離れて気品はない如何に乱捕だけに終始しても気品は生れないものである。然らば気品とはどんなものであるかと云われると容易に謂いあらわし難い気を花に譬(たと)うれば気品はその薫りのようなものではあるまいか気品は正しい心澄んだ気から自然に発する得もいわれぬ気高さにある三味の境地無念無想の境地に這りこんだ時ほど気品あるものはない。
 徒に勝敗に拘泥する時は品が悪くなる。私心邪念にとらわれて稽古に無理があるから自然に気品が添わないのである。そして相手を騙すことばかり覚えるものである。心も形も共に正しく互に相たすけるのでなければ真に正しい立派な拳気品のある風格をそなえた演武は出来ないものである。「心正しければ拳亦正し」というのも此の意味に外ならないのである。
 この気品のある拳法を修得する近道は先ず基本「かた」を充分にこなす様練習することである。即ち少林寺拳法の形は各種の技法を通じて霊肉一如自他共栄心形一致の妙境に達せしめんがための「みち」である。真剣なる組演武を見ていると本当に自分の心がすいこまれて行く様な気持になるものである。又真の形を修行して見ると乱げいこと異った特殊な境地が見つかり又拳法としての直接の目的以外に一種の芸術的感激さえ覚えてくるものである。想うに格斗技が出来上る以前にあっては心体手足の使用法はすこぶる幼稚であっていたずらに体力に任せて手を振り足を上げていたというに過ぎなかったであろう。これが必然的な要求の結果として心体手足を如何に使用すれば最も効果があるかということが考えられて遂にはその運用法を生ずるに至ったものである。現在使用されている形が成立される迄には祖師以来幾多の古人先輩が又名人といわれる人々が命を捨て骨身をけずり血をながして得た血と涙の結晶である。「前者の過ちは後者への試」労少なく功大ならしめる為に自然の理法に従った無駄の無い立派な形が出来上ったのである。勿論日本に於ける少林寺拳法は宗師家の労苦によって今日の様な高度なレベルになったことはいう迄もない。故に基本形を充分演錬せずして初心のうちより乱げいこのみに終始することは過ちの第一歩である。例えば土台や基礎の悪い所に家を建てるのと同様で砂地の上にどんな立派な材木を使い名工の手にかけて建ててもすぐ崩れてしまうが土台がしっかりしていれば少々古材を使って建ても曲らず崩れず立派に家は建つものである。形演練の時に注意しなければならないことは攻撃するものが正確でなければその形も不正確なくずれた無意味なものとなってくる。攻者と防者は自他共に一体とならなければ立派な形は生れない。一方が如何に上手であっても攻者と防者が別々の感じで動作をしては何にもならない。互に助け合い補足しあって形を演錬しなければ両者共に上達はしないものである。此の両者は一体となり打てば響き叫べば応ずる木霊の如く両者の心と心との間には目に見えない綱がたゆまずピーンと張られ一方の意志は以心伝心他方に通ずる様にならなければならない。攻者は突蹴を以て攻撃する場合に心の内で防禦側の構えを窺い何処かに隙はないかと心を配り防禦側の構えをよく見て遂に約束通り力を以て攻撃をする。防者は何処から攻撃の突蹴が来ても充分に防ぎ又反撃に応じられる様に準備して後攻撃して来た突蹴を防ぎ反撃する。形は約束に従って一定の形式と順序を踏むものであることは云う迄もない。が然しその他に隙あらば猛然と攻撃すべしそのうち自然と真の演武に近ずくことが出るものである。樗山子の「天狗芸術論」に「芸術は修錬を要す事和せず気和せざれば形従わず心と形と二つになって自在をなすこと能わず」といっている内に働くものが生気とぼしく形式的技術が巧妙と云うだけでは形を活用することは出来得ないのである。常に内に働くものが自由自在生気発らつとして活きた形でなくては乱捕にもいかすことは出来ないものである。(次号に続く)




新聞 『少林寺拳法』昭和41年4月1日 (20の2)

()
 私は生来不器用ものである。特に文筆をとるなぞはおこがましい沙汰の限りである。自分が自分を一番よく知っているつもりである。編集者はそれを考えてくれずに何か書けかけと喧ましく云う。あまり逢う度に云われるので前号に風格のある演武と題して一筆書いたところが編集局は稿の終りに「次号に続く」と書きたしてあった。私はあわててかけあいに行ったが一向に聞き入れて呉れない仕方なく又筆をとらざるを得なくなった。今日此の頃ではこうしているうちに次第に多少ともなれて書けて来る様になるのかもしれないと思うようになった。最初私が拳法を始めた時にもそうであった。先輩の先生方がやっておられる様な見事な演武が私にも出来るのか思った。然し又出来れば素晴しいものだとも感じたものである。恐らくどの拳士諸君もそうであると思うが拳士の大多数は皆この演武のもつあやなる雰囲気と素晴しい技術に魅了されて入ったものが多いと思う。あの飛燕の様な早さ流れる様な美しさ剛快なうごき正に一服の名画を見る感じがするのである。
 がさて新しく入って練習を始めて見ると分るが自分の手や足自分の五体我が五体であるから自由自在に動かすことが出来る筈であると思うのになかなか思うようにはならないものである。円滑融通無礙玄如神速思いのままに演武することなどはどうして容易に出来るものではない。
 練習をしていると次第に自分の身体が我がものであって実は我がものでないのだと気がつくそして我がものとするまでにはかなりの時間がかかるものである。我が手足我が四肢五体でありながら修練工夫を積まなければ我が思いのままに動かぬと同様に我が心も亦容易に我が思いのままにはならないものである。人の一生はその人の心のあり方によって決まるといわれている。少林寺の教えの中には管長先生の示された大道がある。この道の中には宗教あり哲学あり倫理あり道徳あり宇宙及世界の動きがある。その中に又政治もあれば経済のうごきもある長上に対する道同輩に対する道後輩に対する道そして正しい力を得る拳法がある。こんな立派な修養道は他にその例を見ないものである。古代の仏像や壁画を見るとき道を悟る一手段としての体の運用を表わした仏像や壁画を見ることが出来る。中には武器を持ったもの迄ある.昔中国に古きを尋ねて新しきを知るという言葉があるようだがこの少林寺拳法はまさにその言葉の通りである。少林寺に於てはこの道を通じて正しい人間形成を又社会で役に立つ人々を送り出しているのである。本人にとってはプライドであり社会生活をする上に最も必要なことでもある。「力の伴わざる正義は無力なり正義の伴わざる力は暴力なり」昨年だったと思うがNHKの「世界の旅」に出た或印度の一家庭の中に主人が三年間お寺に入って修行するというのがあった。その間の留守をけなげに一人の娘が働いて家族全体を守るという場面があったが南方の仏教国に行くとこういうふうにして国民の大部分が修行するという日本の国もそうありたいものと思う。話か大分それたようであるがこのことは又稿を改めて述べて見たいと思う。


以上です。写真は該当記事に掲載されていたものです。
三崎先生とは多少のご縁があり初段時に一度だけ仁尾道院専有道場でお会いしたことがあります。先生と私の名前入り色紙をいただきまして、今でも大事なお宝です。色紙は専有道場に額に入れて置いてありますので御覧くださいませ。

0 コメント:

コメントを投稿