「道着脱いでいい?」「なんで?」

BY ライデン IN No comments

 初夏でも暑い

思えば中学生の頃も初夏ともなれば暑かった。でもまだ夏服期間じゃないので学ラン。汗疹とアトピーの私にはやんわり辛かった。
なぜ実際暑いのに脱いではいけないのか、とも考えずそんなもんだと思っていたあの頃。
ほどよく昨今は夏服の移行期間に関して、いくつかの報道も目にしたところです。


今も稽古のとき暑い。地区センターは冷暖房があるけど、まだクーラーは使えない。いや受付に頼むと弱めだけど入れてくれる、でもガンガンは効かせられない。施設の決まりで時期的なものがあるみたい。入れてくれるだけでもありがたい。


この「夏服」や「空調の時期」という決まりごと、これが厄介だ。決まりは大事だけど、大事だけど、、、やっぱり暑い。

「なんで!?」

そんななか、子供たちが毎回聞く。
「道衣脱いでもいい?」(汗だく)
「・・・着とけよ!!」(汗だく)
「なんで!?」(汗だく)
「・・・・」(汗だく)

私もう諦めた。脱いでいいことにしようと。
フルコン空手諸派では道着脱ぐことも多いのは知ってる。新宿スポセン行ったら道着着てない人なんていくらでもいる。道着がなくてもできるのよ。実際暑いし、あと動きにくいのよ、道着。


道衣を着るべき合理的な理由がない。すべて合理性が優先されるべきと思っているわけではないのだけど、やはりこの子供の「なんで?」にまったく答えがない。無さすぎる。

色々な考えがあると思います。でも暑いのも嫌だけど、何より決まりだからといって現状無視で着続けるこの不条理が嫌だ。
夏服も空調もルールは大事だと思うが、熱中症で倒れてまでのものではないのではないか。子供たちほんま毎回汗だくなんよ…。

だが帯は絞めてもらおう。帯さえちゃんと結ぶ習慣があればすぐ戻れるし。帯は自分たちで掴み取ったもんだから付けたがるしな。

何が言いたいかというと、暑い!!


***************************

余談だけど私も禅門としての、「握りしめないこと」が頭に過りまくっているのです。
厳密な意味はあれだが、五箇条の御誓文、
「旧来の陋習を破り、天地あまつちの公道に基づくべし。」
明治の僧による、
「人伝の導師たる禅の師家がいたずら古い習慣にこだわってどうするのだ。世とともによろしく推移して、もって教化の実をあげん。」
このあたり。

***************************
【追記】
我田引水で恐縮だけど、合気系でも脱ぐんだなと。
https://twitter.com/keidokan/status/1527022633937539072



横浜大六天道院は道着を着なくてもよい

BY ライデン IN , No comments

大きな声で言えないのだけれど、うちの道院は一般拳士は道着を着なくてもいい道院です。いろいろご批判があるかと思いますが、うちはそういう方針なのです。
とはいえ、結局みんな8割はくらいは道衣を着ています。「なんでもいいよ」といっても道衣なのです。これは一つ面白い結果だと思っています。

私にとって道衣は格式ある正装ではなくて作業着という印象が強いからかもしれません。
必ずしも動きやすい服装ではなく、破れにくい汚れてもいい服という印象です。私にとって道衣が神聖なものかと言われれば全くNOです。
たとえ神聖なものであっても、本式と略式の切り替えができれればいいしできなければならないというのが私の考えです。本式しか教えないのは危険だとすら考えています。うちでは昇格孝試の時や入門式など節目のときに着ていればOKということにしています。
ただし道衣がないときは羅漢拳はしません。また清潔であることや危険ではない服装、運動に適した服装であることは求めています。

理由1 かさばるから

なぜ道衣でなくてもいいかと言うと、一番は荷物がかさばるからです。剣道ほどではないですが少林寺拳法セットもそれなりにかさばります(私は元剣道部です)。これをもって満員電車に乗らなければならない関東圏のことを考えるともっと軽くてよいウェアがあるのではないかと思います。こんなことで参座率が下がるならジャージでもいいと考えています。
また修練にいくつもりではなかったけど仕事が早く終わりそうなので…行けそうだからやっぱりいく、道衣か無いけど行く、みたいなのも想定しています。現代人は忙しいのです。

スポーツジムではウェアも靴もタオルも有料ですが貸してくれます。手ぶらで行って手ぶらで帰れます。これは大きなメリットです。通いやすいのです。環境が整っている。

理由2 動きやすいから

つぎに動きにくいからです。某フルコン団体の指導テキストを見ると、ミット打ちのときは道衣を脱ぐとあるように実際激しい運動にはもっと適した服装が現代にはあることは明白です。武道以外の格闘技を見てもわかるように、道衣は必須アイテムではないのです。ラッシュガードを履いてみて下さい。はるかに動きやすいです。
なぜ大学生の拳士が太い道衣下を履くのかといば、伝統とかカッコイイからとかの理由もありましょうが一つは動きやすいからです。タイトな道衣は動きにくいのです。

少年部がオーバーヒートしかけていれば脱いでもいいというときがありますが、速攻脱ぎます。みんな動きにくいからといいます。子供は正直です。

理由3 楽しいから

理由はまだあります。スポーツには様々な楽しみがありますがそのうちの一つに「ウェアを選ぶ楽しみ」というものがあります。そんな中道衣はあまりに選択肢が乏しい。これはきつい言い方をすれば、少林寺拳法の魅力が乏しいと言ってもよいです。
山ガールを思い出してください。山ガールブームに浴した女性のすべてが登山が第一の目的だったでしょうか。山ガールのカッコがしたい、ウェアを買ったから山にも登ったという人も多かったのではないでしょうか。事実、山ガールファッションは素敵なものでした。


いや私達は武道であってもっと硬派なものだという人もいるかもしれません。でもよく思い出してください。胸に卍を付けていた旧制道衣のとき、黒帯にこだわった人は多いのではないでしょうか。
どこのメーカーの帯がいいから始まり、やれ艶がある朱子帯がいいとか、太い帯がいいとか、長さはこんなもんで、刺繍の文言・糸の色、いろいろみんな拘っていたように思います。世間から見たら同じただの黒い帯ですよ。見分けなんてつきません。でもみんな楽しんでいたように思います。

剣道なんて防具使うもんだから、すごくグレードに幅ありますよ。100万円の胴とかありますからね。空手着も3000円三点セットから始まり高価なものもあります。組手用の道衣、型用の道衣も別です。アメリカのテコンドーなんてとてもデザインの幅があります。もしかして道衣のデザインで道場を選ぶ人も多いのではないかな。けっこうな市場です。

もう一度いいましょう、スポーツにはウェアを選ぶという楽しみがあるのです。

理由4 技術的な経緯

実は以前から道着を着ない練習はたまにしていました。
護身の術であるというなら普段着でどれだけ動けるのかは大切な経験です。ピチピチのデニムでどれくらい蹴れるのか、ヒールを履いてどれくらい運歩できるのか。靴で蹴られると普段の受けが可能なのか。手袋したままで柔法捕れるのか。などなど、ネタは尽きないところ。道衣以外での修練も大切だと実感しています。
下らない様で地味に面白い。黒い手袋で暗闇パンチすると本当に見えないなど、ロマン溢れてるのです。
こんなこともあり、道衣は必須という思考が薄らいでいたのは正直なところ。

理由5 もう一つの理由

かさばって重くて動きにくい、選択肢も少ない。それが道衣です。
そして昨年もう一つの理由に対応できることに気が付きました。道衣は高価なのです。ある人が言ったんです。「お金がないので、入門直後から道衣じゃなくてもいいのは助かる。」いずれは買うつもりのようですが、入門の初期出費をずらしたい意図があるようでした。

これを情けないという人もいるかも知れませんが私は( ゚д゚)ハッ!としました。日本は貧しい国になりつつあるのです。若者の平均所得と貯蓄率は下がり続けています。そんななか少林寺拳法もお金のかかる側になりつつあるのかもしれません。


PS4なら毎月500円で300時間は遊べる時代ですよ。私はモンハンワールド(7800円)で1300時間くらい遊べました。完全無料のApexも11ヶ月で1500時間やっています。金のかからない楽しみはけっこう増えています。選択肢は少林寺拳法以外にもあるのです。

手軽なものが全て良いというつもりはありません。軽い気持ちで来てほしくないという意見もあるでしょう。それもいいでしょう。
ま、私は気軽に来てほしいほうですが。うちはチャラい道院なんです。カジュアル道院目指してますんで。荘厳な大聖堂に集うような形もいいけど、近所の無名の神社を訪れるように気軽に足を運んでほしい。私はそう願っています。

その他1:中学校の武道必修化のあたり

中学校で武道必修化をすることになり、日本武道館の9大武道のひとつである少林寺拳法もその対象です。少林寺拳法を行うにあたり大きな利点に、「用具がいらない」というものがあります。剣道のようにたくさんの用具を必要とせず、柔道着も畳もいらない。体育館と体操服のままで実施できる、これは導入する上で結構良いポイントでした。
体育館で行えるので学校側に格技場不要の設備投資なし、生徒側に新たな負担なし、はバカにはできないのです。お金の問題は大切です。
中学校の武道必修化では、道着がないことが利点となっています。

その他2:フランスの柔道のあたり

フランスでは柔道が人気です。競技人口は日本より多い。たくさんの民族の子供たちが柔道を学びに来ます。フランス柔道が教えている、「友情」「勇気」「誠意」「名誉」「謙虚」「尊敬」「自制」「礼儀」という 8 つのモラルコードが民族も宗教も異なる子供たちにとってかけがいのないものになっているからです。キリスト教の哲学にもイスラム教の哲学にも由来しない、だから誰もが学びやすい共通の規範としてうけているというのです。また社会的な期待も大きいといいます。
しかし移民の子どもたちは貧しい者が多く、道衣も買えないことがあるといいます。柔道は流石に上着だけでも柔道着でなくてはできないのです。だから連盟は貸し出しました。親たちの負担を減らすためにです。そうやって子どもたちに社会規範、共通の認識を教える機会を増やすために。
ここには柔道を使って教えたいこと、伝えたいことがあるように思います。柔道は「手段」なんですね。これは、人づくりによって国造りをしようとした、彼の人の考えに似ていませんか?





少林寺拳法はどうでしょうか。本当に、なにがなんでも、道衣がなければ金剛禅は学べないのでしょうか。道衣を着ないと信仰心が保てないのか!?開創期のように服装はバラバラ、でもみんな拳士という時代までいくことはないでしょうが。

道衣はかっこいい。道着を着てみたい。帯を締めてみたい。黒帯を目指したい。そういう声もあります。道衣の良さももちろん、 たくさんあります。
しかし今後、修練のウェアに関してはもっと柔軟な思考が社会から突きつけられるように思います。


追記

最近かなり見かけるようになった。資格別帯はいいとおもいますよ。わたしは好みじゃないから買ってませんが。ぜひ色帯にも出してほしい。特に白帯で10色くらい展開してほしい。ピンクはマストな。
子供たちが初めて帯の締め方を学ぶ時、一方にカラーのラインがあれば帯のねじれとか自覚しやすい。締め方を学ぶときの実用面も期待できる。何より選ぶ楽しさがある。

参考

日本柔道とフランス柔道における安全制度に関する研究
A study on safety system in Japanese judo and French judo
https://www.waseda.jp/tokorozawa/kg/doc/50_ronbun/2017/5017A303_abs.pdf

「道着脱いでいい?」「なんで?」 少年部の道着着用について

古い技

BY ライデン IN , No comments

10年くらい前から自主練メンバーの某氏が最近総合かキックのジム行こうかなというので猛プッシュ。色々学んでほしい。彼は18歳の茶帯の頃から来ていた。すでに他流(よそ)の試合もよく出てたししっかり動ける。でもまだ20代だしガシガシしたいんだろう。やりまくったほうがいい。


少林寺拳法だけでは強くなれないの? なれません。とまでいうと怒られそうだけど色々学ぶのは当たり前では? 空手もキックも総合も、みんな幅広く学んでます。兼学は可能であれば推奨します、特に若いうちはね。テニス・ゴルフみたいな格技以外でもいいよ!! 案外w 少林寺拳法はイケてるので、自信を持って送り出します。
大丈夫、他をやれば他の良さや凄さを学ぶ、ほんで少林寺拳法の良さもまたわかります。まじよ。
ただ改良すべき点も見えるよ!!

古い技

本題はこっからなのだけど、彼が言う。
>柔術の先生がこれは古い技、古くなって使えない技て言ってたのが印象的でした笑
そうしたら拳法の技はどうなるんだと思いました。

キックとか総合てのはけっこう技術の変遷があり、雑に言えば流行り廃りがある。最近ならカーフキックが話題。変遷はかなり激しい。試合をする流派にはどこにでもある、しない流派にはない。はっきり言ってない。何十年でも停滞する。

後者の流派ではどういう事が起こるのかというと、過剰な過去への尊崇が起こる。別に過去の技術や人をディスるわけではないのだが、この尊崇のようなものを私は恐れる。
自分で確かめない。自分で歩いていない。自分で掴んでいない。これでは禅の良さを殺してしまう。

こんな時このジョークがお気に入り。

とある経済学会での一コマ
イギリス人:「その定理は、経験によって裏付けられているだろうか?」
ドイツ人 :「その定理は、いかなる基本定理から演繹されたものであるか?」
フランス人:「その定理を、フランス語で言ってください」
日本人  :「あなたの先生は有名ですか?」

最近ならコロナの報道で、ドコドコ大学の教授の発表とかいう報道見出しを見ると萎える。論文の中身ではなく大学名から来る。

武術も進歩しているということ

昔はよかった昔は強かったて文化でも経済でも武道でも聞くけど、少なくとも武術てけっこう進歩してます。
体操競技でかつてはオリンピックで必殺技の位置づけだったウルトラC難度も今は平凡なもの、であったりバレエでは年を追うごとに足が高く上がっていくなどもりもり進歩している模様。


武術だけは昔のほうが優れてるんだうか。ルールによる最適化は有るだろうけどそれでも、今の選手、強くなってると思いますよ。

そんな中、使える技、使えない技てのは必ず出てくる。
護身の術なので、対象はアスリートクラスではなくアマチュアなのでその変遷は鈍いかもしれない。でも無いとまで考えるのはおかしい。
少林寺拳法の科目には対組技を想定した項目がたくさんあるけど、肩打投とか投げ技の雄柔道はもう昔の肩車しないからね。ルールで禁止されてるので。別の入り方する。

総合のジムで学んだことを、ぜひ少林寺拳法に落としてほしいな。彼はちゃんと少林寺拳法に帰ってくる。教えてもらわないと!!


もって教化の実を挙げん

武専(2014)の修了論文https://dairokuten.yokohama/pdf/busen_paper2014.pdfには、曹洞宗の御和讃を引用しておいた。

星はめぐりて時うつり くらしのすべは変われども かわらぬ教え 今もなお 人に示してあらたなり

美しい響きなのでこっちにした。
でもホントは下のを載せたかったのよねん。論文には使いづらいけど勢いがある。詳しい出典は忘れたけど激動の明治あたりのどこかのお師家さんのお言葉。

人伝の導師たる禅の師家がいたずらに古い習慣に拘っていてどうする。
世とともによろしく推移して、もって教化の実を挙げん。




法形演練の設計(予)

BY ライデン IN , , No comments

 例えば若い学生さんと練習していて、「ローキックの守り方教えて下さい」みたいになったとして、じゃこんなかんじでホニャラホニャラして練習しましょうとなる。蹴られたらこう受けて返してね、となる。てな感じで進めるといい感じの実のある攻防練習になる。


なぜ法形演練がこの集中力でやれないのか?

そのノリその集中力で法形やったらすぐ強くなりそうやのに・・・

決まった攻撃に、決まった反撃する。という構造は一緒なのに、内受突しますよーてなるとこうはならない。なぜだ。法形演練の呪いなのか。開祖は「型ちゃうで、形やでぇ(意訳)」ていったのに、あれは何だつたのか。

法話の中で、「少林寺拳法は護身術なので習ったすぐ使える」とか「3ヶ月くらいすればー」みたいなのがあったと思うのだけど、現代の少林寺拳法からはそれは微塵も感じられない。


昔はもっと(いい意味で)雑にやってたんでは?

そんで内受突いうても、左右とか順逆とか細かいこと言わずどんどん混ぜてやってたんでは?自然と混ざるし、他使用得意不得意あってもいいので、とりあえず返せるようにする、とかね。


上のキックの動画、これ普段の少林寺拳法で再現したとすると。

対構になってー、入って蹴ってー、正確にここ蹴ってー、いや正確に、ここ以外蹴らないでー、こう受けて、いやここでこう受けてー、蹴ったら自由地脚下がりしてー退ってー、残心してー、あれよこれよこれもあれも

みたいになる。内受けやら運歩はうまくなってるかもだけど何故か強さは変わってないという妙。

そういうのも大事なんだけど。私は少林寺拳法の法形てあんまりそのように設計されていなてのではないかなと、考えてます。

詳しくは道院で聞いてね。




剣道から間合いの話

BY ライデン IN , , , No comments

改めて武道学会の剣道についての発表資料を見ていると、今日も夢とロマンが広がります。

元は決まり手の技術変遷を追った内容ですが、その中に「抜き技」と「返し技」の解説が簡単にあります。

抜き技

相手が出るタイミングで打ち込む。少林寺拳法的にはほぼ対の先

返し技

相手の攻撃を竹刀で受けてから攻撃。少林寺拳法的には後の先


ということです。
面白いのは間合いの記述があり、返し技のほうが近間だとしてあります。これは感覚的にはすごくわかりますし、改めて考えるととても面白い。


少林寺拳法と間合い

後の先で捕ろうと思えば、遠すぎるとしんどい。物理的に触れてるわけではないけど感覚的に相手に接しておかないしんどい。こっそり相手の行動を制限して相手の攻撃パターンを減らしておかないとなかなか対応できない。

対して、対の先は遠い間合いのほうが確かに気持ちやりやすい。遠いから相手がガッツリ入ってくる勢いあるところに合わせていく感じ。しっかり受けないでさっさっと反撃反撃。

まあこんなこと書くと達人みたいになってちょー偉そうだけど、私もそんな精度高くやれるわけではないです。何となくそういう傾向があるよね~くらい。もちろん例外はいくらでもあります。


返し技が増加している

剣道の話に戻ると、現代に近づくほど抜き技が減り返し技が顕著に増加している、としています。つまり一度受けてから返すパターンが増えているということです。剣道という一定のルールの中での話ですが、そのほうが有利だということが示唆されます。これは少林寺拳法にとってはありがたい知見です。

守主攻従は本当に技術的に有利なのか?これはいつも悩ましい問題です。
武術に限らず軍事などどこ見ても、自然界を見ても先手こそが有利なのではないか?まま、もちろんは少林寺拳法もあくまで後必勝(後手必勝ではありません)ですから、手を出してなくても先に捕ってるわけですけど。そう、上で言う「感覚的に触れている」て状態ですね。

戦争論のクラウゼビッツは、防御のほうが有利と言ってるようですがそれは現状を維持するならということですし、、、まぁこれについては長くなるので今日はここまで。
とりあえず剣道から、長く試合を続けていたら返し技が増えてるよん!!というのはなんとも嬉しい話じゃありませんか。

間合いの余談

少林寺拳法は基本は世間的な武術からして間合いは近い方だと私は思っていますので、後の先が好きな少林寺拳法はやっぱり近間なんだなぁとも思っちゃいます。
いや、少林寺拳法は遠いだろて意見もあるかと思いますが、伝統空手とか3mの間合い普通にシームレスに詰められますからね。体育館の端から端まで攻撃と足を止めずに出し続けられますからね。少林寺拳法はせいぜい1歩か2歩。守主攻従だからそういうもんです。
柔法とか五花拳にしても、適度に近くて(感覚的に)触れてるほうが良いですし、まぁ当然かなと。